新日本ギターアンサンブル プロフィール

1989年4月「ギターと音楽をする心、心の音楽を大切に」を合言葉に、「新日本ギターアンサンブル」を設立。小林徹を指揮者として、現在、22名のメンバーで活動を展開している。
1990年夏には台湾公演を行い、若さあふれるフレッシュな演奏と豊かな表現力を高く評価された。また毎年12月に行なっている「ギタークリスマスコンサート」では、高度なテクニックと斬新なアレンジで、新しいレパートリーを開拓し人気を得ている。
レパートリーは、バロック、ポピュラーから近代・現代曲まで幅広く、最近ではコンサートギタリストとのコンチェルトにも挑戦するなど、演奏の幅を広げている。

新日本ギターアンサンブル 編成(2007年9月現在)

アルト1st5名バス4名
アルト2nd5名コントラバス1名
プライム5名ギタロン2名
チェンバロ1名(※曲によりアルト2ndが兼任)