JAEM・日本音楽教育協会


ギター・クリスマスコンサート2007【終了】
主催:JAEM・日本音楽教育協会 後援:(社)日本ギター連盟 現代ギター社(株)

 2007年12月16日(日)に開催された「ギター・クリスマスコンサート2007」。満席、盛況のうちに幕を閉じました。
 「A列車で行こう」「ムーンライト・セレナーデ」などのスダンダートナンバーからメンデルスゾーン「弦楽のための交響曲第12番」といった本格的なクラシックと、多彩なプログラムで来場のお客様の好評を頂きました。また、今年は若手ギター・デュオ「いちむじん」をゲストに迎え、ダイナミックで生命力あふれる曲から美しく切ない曲まで、すばらしいギター・デュオをご披露いただきました。
 いちむじんのダブルソロによる新日本ギターアンサンブルとの共演「タンゴ・アン・スカイ」は、今回ギター二重奏用に編曲したものを初披露、いちむじんのお二人のテクニックで絶妙な仕上がりとなりました。演奏者同士も意気投合、また共演の機会を持ちたいと思っております。
 
 お忙しい中、ご来場くださったお客様には大変感謝しております。毎年12月に開催しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします
 


1989年から毎年12月に行っているクリスマスコンサートも、今年で19回を数えます。
このシリーズは、わが国で数少ない本格的なギターアンサンブルのコンサートとして、毎年ご好評を頂いております。
今回はゲストに若手ギター・デュオ「いちむじん」を迎え、ポピュラーから本格派クラシックまで、幅広いプログラムをお届けいたします。
ぜひ、ご来場ください。

開催日 2007年12月16日(日)  1:00pm開場 2:00pm開演
会場 フィリアホール  [地図...]
東急田園都市線 青葉台駅下車徒歩3分(青葉台東急スクエアSouth-1本館5階)
出演 新日本ギターアンサンブル(指揮 小林 徹)
ゲスト:いちむじん
料金 A席¥3,000  B席¥2,000  (全席指定・税込)
※2007年10月22日発売開始
プログラム
  • 弦楽のための交響曲 第12番 (メンデルスゾーン)
  • イン・ザ・ムード (ガーランド)
  • A列車で行こう (ストレーホーン)
  • ムーンライト・セレナーデ (グレン・ミラー)
  • 私のお気に入り (ロジャース)
  • タンゴ・アン・スカイ (ディアンス) ほか

※プログラムは都合により変更になる場合があります。
チケットの申し込み・お問い合わせ
JAEM・日本音楽教育協会 044(987)1691
〒215-0023 神奈川県川崎市麻生区片平2-24-13 ℡044-987-1691 Fax.044-988-4663

  • 就学以前のお子様の入場はお断りいたします。
  • 定員になり次第締切となります。チケットのお求めはお早めにどうぞ。

出演者プロフィール

新日本ギターアンサンブル

 1989年4月「ギターと音楽をする心、心の音を大切に」を合言葉に、小林徹を常任指揮者に設立されたわが国を代表する本格派のギターアンサンブル。現在まで銀座・王子ホールでのリサイタルやJGAギター音楽祭の出演など、数多くの演奏機会を得ている。
 「ギタークリスマスコンサート」は、アンサンブル設立当初から毎年12月に行っている。高度なテクニックを駆使し、オリジナル曲の発表や斬新なアレンジでギターアンサンブルの新しいレパートリーを開拓、広く聴衆の支持を得ている。最近では稲垣稔、P.シュタイドルなど内外の超一流コンサートギタリストとの共演が大きな話題となっている。
 メンバーの使用楽器する各種音域ギターは、黒澤澄雄氏の手により演奏者一人一人の個性に合わせて作成されたオリジナル楽器である。その豊かな響きは演奏者全員が「音楽とギターの魅力を最大限に引き出す」ことにより実現されている。

いちむじん  [オフィシャルHP...]

 高知県出身のクラシックギタリスト「宇高靖人&山下俊輔」による新世代ギターデュオ。桐朋学園芸術短期大学在学中に結成。第16回日本重奏ギターコンクールにて、堂々優勝。
 以降、日本各地での単独リサイタルなどの演奏活動ほか、ドラマのサントラにも数多く参加。2006年秋の『そうだ、京都へ行こう』のコピーでおなじみのJR東海「京都キャンペーン2006秋 曼荼羅編」のギター演奏はいちむじんのもの。2006年9月20日アルバム「Rui」でメジャーデビュー。2007年9月19日2ndアルバム「ハルモニア」を発売。現在は東京を拠点にクラシックからポピュラー、現代音楽まで幅広く活動を行っている。
 ライブでは朴訥としたMCで聴衆を和ませながら、スピード感溢れる演奏で映像的なイメージを喚起させたり、繊細なタッチで感傷を表現したりで楽しませる。
 ユニット名の“いちむじん”とは、高知の古い言葉で“一生懸命”という意味。