ホルヘ・ルイス・サモラ ギターリサイタル【2012/7/16 神奈川公演】


主催:JAEM・日本音楽教育協会

 2012年7月16日に杜のホールで開催された「ホルヘ・ルイス・サモラ ギターリサイタル 神奈川公演」は、ご好評のうち終了いたしました。ご来場の皆さまには大変感謝しております。
 サモラ氏のご好意により、新日本ギターアンサンブルとの共演「ブエノスアイレス組曲」の映像をYouTubeにて公開しております。ご興味のある方はご覧ください。

YouTube映像


 1993年を最後に幕を閉じたパリ国際ギターコンクール最後の優勝者、ホルヘ・ルイス・サモラ氏が昨年に引き続き来日いたします。
 今回の神奈川公演では、ソロに加え、新日本ギターアンサンブルとの共演でM.D.プホール/ブエノスアイレス組曲1,2,3楽章を演奏いたします。完璧なテクニックに抜群のリズム感、そして細部にまでいきどどいた繊細な表現を併せ持つ傑出した音楽家、との定評があるサモラ氏の演奏を是非お楽しみください。

開催日 2012年7月16日(月・祝)  18:30pm開場 19:00pm開演
会場 杜のホールはしもと  [地図...]
JR横浜線・相模線、京王相模原線「橋本駅」北口を出て右側『ミウィ橋本』7・8階
出演 ホルヘ・ルイス・サモラ
共演:小林徹指揮/新日本ギターアンサンブル
料金 [全席指定] 前売り¥3,500 当日¥4,000
プログラム
  • シャコンヌ/J.S.バッハ
  • ハンガリー狂詩曲/J.K.メルツ
  • 森に夢見る/A.バリオス
  • コ タリカの主題による変奏曲/A.バリオス
  • カンティクム/L.ブローウェル
  • ブエノスアイレス組曲1,2,3楽章/M.D.プホール  (共演:新日本ギターアンサンブル) ほか

※プログラムは都合により変更になる場合があります。
チケットの申し込み・お問い合わせ
JAEM・日本音楽教育協会 044(987)1691
〒215-0023 神奈川県川崎市麻生区片平2-24-13 ℡044-987-1691 Fax.044-988-4663

  • 就学以前のお子様の入場はお断りいたします。
  • 定員になり次第締切となります。チケットのお求めはお早めにどうぞ。

出演者プロフィール

ホルヘ・ルイス・サモラ  Jorge Luis Zamora[オフィシャルHP...]

 キューバのマタンサス県コロン市に生まれる。11歳の時、トレスの演奏者である父の勧めにより、マタンサス県立芸術学校でギターを始める。1985年ハバナ国立芸術学校を優秀な成績で卒業。1993年パリ国際ギターコンクール優勝を始め、ポーランド、メキシコ、イタリア、キューバなど主要なコンクールで優勝している。
 これまでに36ヶ国以上で演奏。国際コンクールの審査員をつとめ、テレビ、ラジオ、雑誌などに出演。「完璧なテクニックを備えた傑出した音楽家。黄金時代のセゴビアのようだ」と賞賛される。2002年コスタリカ国籍を取得。現在、コスタリカ大学、ハバナ国立音楽学校教授。

新日本ギターアンサンブル

 1989年4月「ギターと音楽をする心、心の音を大切に」を合言葉に小林徹を常任指揮者に迎え発足。
 1989年、93年、03年にJGAギター音楽祭に出演。1990年には洪再添氏の協力により台湾公演を2か所で開催、また2000年には銀座・王子ホールにて初リサイタルを行う。2008年、10年にP.シュタイドル氏のリサイタルにて協奏曲を共演。
 その他にも「ギター協奏曲の夕べ」「ギタープロムナードコンサート」、小学校の音楽鑑賞教室等、幅広く活動を行い、ギター界のみならず広く一般の音楽ファンの支持を得ている。
 「ギタークリスマスコンサート」は設立当初から毎年12月に行われ、‘03年にはP.シュタイドル氏、‘05年には稲垣稔氏、‘07年にはいちむじん、‘10には松田弦氏をソリストに迎え共演。高度なテクニックを駆使しオリジナル曲の発表や斬新なアレンジでギターアンサンブルの新しいレパートリーを開拓、ギターアンサンブルの普及と新たな可能性を追求している。
 また、メンバーの使用する各種音域ギターは黒澤澄雄氏の手により演奏者一人ひとりの個性に合わせて製作されたオリジナル楽器であり、それを手にしたメンバー渾身の演奏によって生み出される豊かな響きは他に類をみない。


携帯版はこちら>>